社員証をカスタム!

初心者のための社員証印刷情報サイト

ICカード付社員証は、所属企業が社員の様々なデータを活用しての人事管理に使うとともに、社員自身が会社生活をより快適にかつ便利に使えるようにと工夫した仕組みを取りいてているので、とても便利にできています。
しかし、紛失したりした場合は社員個人の個人情報が流失してしまうだけでなく、場合によると直接的な金銭に関する被害が出る危険性もあるので十分な注意が必要です。
万が一の紛失では警察にすぐ届け出ることと、発行元の総務などにすぐ連絡することです。

ICカード機能付き社員証の仕組み

ICカード機能付き社員証の仕組み 最近の社員証は紙ベースでなく、薄いプラスティックでの印刷になっているので保管性がとてもよくなっています。
それにICチップを添付したICカード方になっているものも多く、会社にとっても社員のとっても便利なものと言えます。
会社としては、社員証に健康診断の結果などを入れ込み、万が一の不慮の事故での応急措置などの参考になる情報を盛り組むようにしています。
また、出退勤管理もこれで行うようにしているところもあり、過重労働という問題対処にも役立つ仕組みになっているわけです。
社員もそのカードで会社食堂が利用でき、代金は給与引き落としという具合になるのでとても便利です。
社内預金の引き落としも簡単だということになります。
しかし紛失すると個人情報流失、金銭被害になる恐れがあり、すぐに警察や発行元に届け出る必要があります。
会社にとってはセキュリティ上の大きな問題にある危険性もあります。

ICカードを用いるタイプ音社員証の作り方について

ICカードを用いるタイプ音社員証の作り方について 社員証には、出退勤の記録をしたり特定のエリアに入るためのICカードタイプを運用している業者があります。
こちらの作り方の一つは、これを印刷してもらうことのできる業者に依頼することです。
デザインを入稿すれば、それに基づいた社員証を作ってもらうことができます。
ICカードにも通信規格によって複数の種類がありますが、外注している業者はそれら複数の規格を取り扱っていますので、必要なものを選ぶことが可能です。
業者の中には一枚から注文を受け付けているところもあります。
一枚だと単価が高くなってしまいますが、大量オーダーだと単価が安くなるので、まとめて注文した方がお得です。
もう一つの作り方は、ICカードに印刷するための専用プリンターと台紙となるカードを購入して、自前で作る方法があります。
こちらは、機材自体が高額であるため、少量の製作をするならわざわざ購入するメリットはありません。
しかし、日常的に大量に作る場合などには、すぐに発行することができますし、長い目で見た場合のコストは安くなるため、購入して自前で作ることにはメリットがあります。
どちらの作り方にもメリットはあるため、目的に合わせて選択すると良いでしょう。

社員証に関するお役立ちリンク

ICカード 社員証