社員証をカスタム!

テンプレートの長所・短所

テンプレートの長所・短所

テンプレートの長所・短所 社員証のデザインをする時、テンプレートを活用する人々がいますが、そこにはメリットとデメリットが潜んでいます。メリットですが、簡単に社員証のデータが制作可能な点です。時短を意識する場合、雛形はとても便利であり、最初から模範解答のレイアウトがなされています。シンプルに必要な情報や画像を添えるだけで完成します。雛形で制作したデータはプリントアウトの面でも優れており、無駄な装飾等がないため、印刷も円滑でインク代も安く済みむのが利点です。

対してテンプレートを活用することのデメリットですが、デザインが良いも悪いも無個性となります。また近頃はパソコンとプリンタで社員証を自作する企業が増えてきており、ライバル企業とデザインが被ってしまう恐れがあります。社員証は事務的なアイテムですが、同時にスタッフや企業の顔をPRするマーケティングツールです。他社と丸被りすると、恥ずかしい面があり、PR力も低下するため、少しは雛形にアレンジを加えたいところです。

社員証ケースやIDホルダーで個性を出してみる

社員証ケースやIDホルダーで個性を出してみる 社員証や職員証はオフィスでは必ず携帯していることが増えました。
昔は会社やビジネスビルの入り口などに警備員が立っていて出入りする人をチェックしていたものですが、現代ではセキュリティのために、IDカードで入館するオフィスも増えています。
ビルの入り口だけでなく、部署ごとのドアにもセキュリティチェックがあったり、出勤や退勤などのタイムカード代わりや、PCのログインにも使われることも多々あります。

社員証を常に携帯していなければ社内を移動することもできない、仕事にもならない場合も多々あるので、携帯用のケースやホルダーは重要です。
首からぶら下げるネックストラップタイプや、胸ポケットのホルダータイプと形状もいろいろですが、素材もリーズナブルなビニールから上質な高級皮革まで幅広く揃っています。
スーツに合わせて高級感のあふれる社員証ケースを選ぶもよし、使いやすい利便性を極めるもよし、会社支給で揃えている企業もあるでしょう。