社員証をカスタム!

必要な携行品、社員証

必要な携行品、社員証

必要な携行品、社員証 身分を証明する為に社員証の携帯を義務付けている会社があります。
身分証明書に組み込まれたICチップやバーコードを提示しないと扉が開錠せず会社に入ることさえできない会社もあり、部外者の侵入を防いで機密事項を守るうえで大変役立っています。
また、指定区域には限られた人しか入れなくすることも可能なので危険区域に担当者しか入れない、会社内部でも上層部の人しか入れないなどセキュリティー上大変役立つシステムとして取り入れられています。
大きな会社では社員数が多いため事務手続きをスムーズに遂行する上でも社員証は有効ですし、所属担当部署を周りの人に知らせる意味でも有効です。
でも、社員証は会社内部での本人確認作業に必要なだけでなく、会社外でも便利なアイテムとして重宝しています。
営業マンがアプローチをする場合、お客様宅を訪問してまずは自分が誰なのか名乗りますが、聞いたこともない会社だとお客様は警戒してしまいます。
ところが見えるところに社員証が提示されているだけで信頼感がぐっと上がり、その後の営業がしやすくなるというメリットを持ち合わせています。

社員証のIC化にするためのメリットがあります

社員証のIC化にするためのメリットがあります 厚生労働省が提唱している「ワーク・ライフ・バランス」があり、労働時間の適切な適切な管理を行うために社員証のIC化を導入している企業が増えてきていて、入退出を管理を適切に行うようになってきています。
その場合にはFeliCaやMifareカードを使用していて、メディア自体が比較的高価になりますが、カードタイプ以外にもFeliCaシールなどを活用する方法もあります。

そしてセキュリティ性や拡張性が高く、その分高価になにますが低コストで運用できるものも増えているので将来的に考えても柔軟に対応が出来ます。
勤怠システムや複合機の印刷管理と連携でICを運用する場合でも、FeliCaシールを活用することが出来て、既存資産の活用も可能です。
プラスチックカードや紙タイプの社員証を利用している方も多いですが、FeliCaシールを裏面に貼り付けるとリーダライタと非接触で通信も出来るようになり、手軽に運用も始められます。