社員証をカスタム!

社員証を紛失したら

社員証を紛失したら

社員証を紛失したら 社員証を紛失してしまった場合は、早急に上司に報告した上で人事部または総務部に連絡をして再発行の手続きを取ってもらう必要があります。
社員証は従業員の身分証明だけではなく、社内の入館証の役割もあるため、紛失した場合は退社させられる可能性があります。仮社員証を出してもらえれば、それで入館することが可能です。
また、処分として会社によっては始末書を書かされたり、厳しく叱咤されたり、発行費用を請求されることもあるでしょう。悪用される可能性もある重要な証書なので、どこで失くしたかなどきちんと報告しなければ発行してもらえない可能性もあります。そのため正しい情報を伝えなくてはなりません。比較的小さな会社は緩いですが会社規模にもよるので、どの程度の処分や叱咤を受けるかは一概には言えません。いずれにしても再発行はしてもらうことができるものなので、気づいた時点で謝罪をして社員証発行の手続きを願い出るようにしましょう。

社員証の制作料金を安くするために

社員証の制作料金を安くするために 社員証の制作料金を安くしたいなら、印刷業者が用意するテンプレートを使いましょう。
テンプレートを使えば、デザインの作成料金が必要ありません。その分全体の費用を抑えることができるので、社員証の制作に必要なコストを削減することができます。ただし会社の名前やロゴを入れると、追加料金が発生する可能性があります。
テンプレートを使ってデザインを決めるときには、変更を加えると発生する料金について確認しておきましょう。制作料金を安くしたいときには、複数の印刷業者から見積もりを取ることもポイントです。できるだけ同じ条件で見積もりを依頼すれば、最も安い値段で発注できる印刷業者を見つけることできます。多くの印刷業者では、依頼前に無料で見積もりを取ることが可能です。電話やメールで問い合わせれば見積もりは簡単に取れるので、比較をしてから社員証の印刷を発注する業者を決めて下さい。これらのコツを押さえながら社員証を制作すれば、コストは抑えられるでしょう。