社員証をカスタム!

顔写真は前髪に注意

顔写真は前髪に注意

顔写真は前髪に注意 社員証は、自分の身分を証明するために必要なものです。
会社名や個人名だけでなく、所属している部署や個人のナンバーなのが記載されています。
さらに大事なものとして自分のものであると証明するために、顔写真が張られています。
写真の撮影は、会社によってことなります。会社でプロのカメラマンに依頼して一括で撮ってもらう場合や、自分で用意しなければいけない場合があります。
会社で撮る場合はおかしな部分があれば指摘してもらえるかもしれませんが、個人で用意するならば気を付けなければなりません。
特に前髪には注意が必要です。
社員証は会社を背負っている大切なものです。
おかしなセットにしていると不利益を被ることもあります。
目にかかるぐらいの長さであればサイドに流すか、オールバックにして立ち上げましょう。
そうすることでおでこが見え、さわやかで誠実そうな印象を与えることができます。
写真を撮る際は、寝ぐせなどにも注意し、しっかりとワックスなどを使ってしっかりとセットしましょう。

社員証の顔写真をスマホで撮影する際の注意点

社員証の顔写真をスマホで撮影する際の注意点 新年度が近づき、新たに社員証の顔写真を必要とする方も大勢いらっしゃることでしょう。
証明写真機を利用すると800円から1000円もの費用が必要になり、たった1枚のために利用するのは経済的にももったいないといえます。
そこで活躍するのがスマホのカメラで、少し工夫して撮影することで十分に社員証に利用出来ます。
社員証なので撮影する際は日ごろ着用しているスーツか、制服を着用して撮影に挑みましょう。
ここで注意しておきたいのが、スマホのカメラの画角です。
あまりにもアップで顔を写すと違和感があるので、肩から顔が画面に収まるように調整します。
特にフロントカメラの場合はアップになりがちなのでなるべく引いて撮るようにしてください。
その後フロントカメラにした状態で両手で構えてセルフモードを起動して撮影すると、自然な顔写真が写せます。
1枚だけでなく最低でも5カットの写真を撮ることがポイントです。
あとはプリントをすれば社員証に利用出来ます。